お酒と中折れの関係

アルコール

大切なパートナーとお酒を飲むと気分がよくなり、その勢いのまま性行為を行うという男性は多いと思います。

気分が盛り上がっている最中に中折れを経験した方も多いのではないでしょうか。

中折れは盛り上がった気分を一気に冷めさせてしまう症状であり、場合によっては破局や奥様との離婚へと繋がる恐れもあります。

お酒と中折れについて

ほとんどの男性が「勃起するから大丈夫」と思いますが、射精に至ることができるのは20代の若い時だけであり、30代40代となると射精に至るまでの時間が長くなり、結果的に中折れを引き起こす可能性が高いです。

勃起を維持するためにはペニスが脳から勃起に関する信号を受信し続けなければなりません。伝達するためには神経の動きが大切ですが、お酒はこの神経を動きを妨害してしまいます。

神経の動きが妨害されてしまうと、当然脳からの信号を受信しにくくなり、結果的に中折れを引き起こしてしまいます。

「お酒に強いから大丈夫」といっても、人間の体の仕組みはどなたも一緒であるため、飲み過ぎてしまうとやはり中折れを引き起こしてしまうので注意が必要です。

またお酒を毎日飲んでいる方は中折れのリスクが高まり、また早漏になる可能性もあるので、より注意が必要です。

パートナーとの関係が冷え切る

カップル中折れを引き越してしまうと自分自身のプライドが傷つくだけではなく、知らず知らずのうちにパートナーをも傷つけてしまいます。

「中折れしたのは自分の体に魅力が無いから?」「私じゃ満足できないの?」など誤解を招くことがあるため、現在中折れに悩んでいる方は注意が必要です。

中折れを防止したいなら

中折れを防止したいなら、ED治療薬を使用することをおすすめします。
中折れはED(勃起不全)の一種であり、薬を飲むことで治療を行うことができます。
また多少のお酒と一緒に使用することで、より性的興奮を高めることができ、パートナーとの満足できる性行為を行うことが可能です。

まとめ

気分が盛り上がるとお酒の飲む量は無意識に増えていきますが、中折れを防ぐためにはお酒を抑えることが大切です。

カテゴリー: ed