中折れとタダシップ

男性

読者の皆さんはEDという症状をご存知ですか?

EDとはインポテンツという名称があり、男性のペニスに関する症状なんです。

発症してしまうとペニスの勃起力が失われてしまい、性行為ができない体になってしまいます。

男性特有の症状の中でも一番身近に感じる症状と言われており、今現在、発症が無くても何らかの形で発症すると言われています。

「自分は勃起もするし、性行為もできているから大丈夫」と考えていませんか?

実は私自身もそう考えていたのですが、ある日突然、この症状が発症してしまったんです。

発症に気づいたのは、恋人との性行為中でした。

突然、ペニスがフニャフニャと萎えてしまい、思

わず「はっ?!」と声をあげてしまいました。

後で調べて分かったことなのですが、これはEDの特徴である「中折れ」というものであり、「まさか、自分が!」と驚いてしまいました。

EDの特徴である「中折れ」を詳しく知りたいなら人はこちらを参考にしてください。

とにかく、何とかできないものかと調べてみつけたのが「タダシップ」というED治療薬でした。

ED治療薬って何?と思うかもしれませんが、あの「バイアグラ」もこの薬の一つなんです。バイアグラ

バイアグラ以外にもレビトラ、シアリスというものがあり、タダシップはシアリスジェネリックなんです。

バイアグラって聞くと「勝手に勃起する」というイメージがありますが、勃起は体の機能であり、薬を飲むだけでは勃起は起こらないんです。

どのED治療薬も勃起をサポートしてくれるものであり、私が使用しているタダシップは薬の中でも新しいタイプに入ります。

何故、私がこのタダシップを選んだのかというと一錠飲んだだけで長時間勃起をサポートしてくれるからです。

一応、他の薬も飲んでみたのですが、タダシップよりもあまり効果がなく、勃起しても直ぐに萎えてしまいました。

タダシップの場合だと萎えることは無く、長時間勃起をサポートしてくれたので、久しぶりに恋人と楽しい性行為ができたと喜んでしまいました。

色々と調べたところ、タダシップやシアリスは効果時間が30時間以上続くとあったので驚いてしまいました。

時間以外にもメリットがあるタダシップ

タダシップは時間が長いだけではなく、副作用が少ないという特徴があるそうです。

ED治療薬の副作用には頭痛が起こりやすいとあり、私の場合もバイアグラやレビトラを使用した時に軽めの頭痛が起こりましたが
タダシップの場合だと起こりませんでした。

軽めの頭痛なので副作用が出てもあまり気にならないと思いますが、私の場合は性行為に集中することができなかったので、お互いに満足できなかったなと感じました。

しかし、タダシップの場合は副作用もなく長時間性行為を行うことができたので、今後もこの薬を使おうと決めた瞬間でもありました。